モンテッソーリ

bg_h3 モンテッソーリ教育とは


イタリア初の女性医学博士で精神医学者であり、教育者であったマリア・モンテッソーリ
(1870年~1952年)が提唱し実践した教育。

彼女は「適切な環境と援助が与えられるならば、子どもは自ら成長するものである」ことを発見し、1907年ローマに子どもの家を 設立してから現在まで世界各国に普及し、教育学会、心理学会、精神医学会において大きな影響を与えました。

モンテッソーリ教育により子どもは整えられた環境の中で教具を自由に選択し、繰り返し活動することにより 集中力を養い、達成感、喜び、自りつなどを体得します。
そして、このような経験を経た子どもを、活動を通して自主性、強調性、社会性、創造性を育み新しい時代にふさわしい道徳的で自己教育ができ、知性と創造性を得た人類の平和に寄与する人間に育てることを目標としています。

bg_h3 モンテッソ-リ教育の実践として具体的に次の5つの領域が挙げられます。


  1. 日常生活の練習
  2. 感覚教育
  3. 言語教育
  4. 数教育
  5. 文化教育

bg_h3 1.日常生活の練習とは


日常生活を分析していくと、一定の順序性があることに気づきます。そのため、段階的に作られた日常生活の教具は、活動を通して子どもに理論立てて思考するきっかけを与えます。

また、子どもは自分の身体を使って何かをしたいという強い内なる欲求を持っています。
それはこの時期、子どもは自分の思い通りに身体や指先を動かす発達課題を持っているからです。

また、模倣期にいる子どもにとって、身近な存在である母親がすることはとても魅力的です。
身の周りにある物を使い、子どものサイズに合わせて環境を整え、一人でできるように援助します。

自由に教具を選び、活動を好きなだけ繰り返すことにより、運動の調整や生活技術の習得の他に、独立心や自りつ心など、内面の成長も期待できます。そして、それらはその後に続く分野の基礎となります。

戻る

bg_h3 2.感覚教育とは


モンテッソーリ女史は人間の身体器官の完成に注目し、自己と外界を結ぶ五感の刺激、洗練の必要を感じました。

幼児期は特にこの感覚的刺激に対して、敏感に吸収する時期であり、五感覚を駆使させる活動によって、感覚器官の鋭敏さを引き出すことになり、身体器官の完成に至ります。

また、同時に人格形成の時期でもあり、美しく魅力的なモンテッソーリ教育の感覚教具は子どもの 視覚、触覚、聴覚、臭覚、味覚に訴えながら物の同一性や漸次性を確かめる力、識別、分類する力を育み、数、言語教育へと導きます。

戻る

bg_h3 3.言語教育とは


日常生活、感覚教育によって、子どもは既に言語の「書く」という行為の基礎ができています。

言語は人間が、他とコミュニケーションを取る上で、非常に重要な側面を持っています。 幼児期は言葉に対してもたいへん感受性が強い大切な時期です。

教具を系統的に使うことによって、子ども自身で楽しく言語習得できるように工夫されています。 言語は、自りつを目指す子どもの自我を目覚めさせる大きなきっかけとなり、他人と社会で生きていく上での基礎となり、相互理解に役立ちます。

戻る

bg_h3 4.数教育とは


モンテッソーリは、「人間は本来数学的である」ことを洞察し、数の領域でもユニークな教具を考察しました。

まず、感覚的に訴える教具により、量を具体的に把握させ、抽象的な数へと導きます。 今まで、感覚的に漠然と理解していたことが、数教育によって秩序づけられ、整理されていきます。

人間として生きていくために必要な数学的思考を身につけていくため、また、数の概念と時間を関連させた歴史や宗教などの活動にも導いていきます。

戻る

bg_h3 5.文化教育とは(自然科学・美術など)


幅広く深い文化の領域は、互いに関連しながら幼児の知的好奇心を刺激し、創造力を育てます。

人を大切にし、平和を愛する子どもを目指し、その糸口となる文化の正しい知識を活動を通して学んで いきます。

戻る

これら5つの領域は、各々が互いに密接に関連しあって成立しています。

また、一人一人の子どもに教具を 与えるタイミングも発達段階により、異なってきます。

それらを見極め、子どもが一人でできるように援助するのが、モンテッソーリ教育における教師の役割です。